佐世保クリエイターズ協会とは

佐世保市内に事業を置く広告代理店、印刷会社、デザイン制作会社、WEB制作会社、看板広告会社、カメラマン、ビデオ制作会社などの16社からなる団体で、目的としては地域文化の高揚と地域経済の活性化を図るため (佐世保市民である)クリエィター・製作者(プロデューサー、ディレクター、デザイナー、カメラマン、編集者等)がお互いの技術の研鑽を図り、著作の管理や健全な受注環境を築いていくと共に、経営の安定化を図り、人材の育成に努めることを目的とする。


平成24年
どんな協会を目指すか1年間をかけ、組織の目的や方向性を協議

平成25年4月
「佐世保クリエイターズ協会」市内事業所15社で発足。
講師例会や会員スピーチなどで地域との連携や会員との連帯を築く。

平成26年
年間事業の策定の中、西海国立公園指定60周年を記念して当協会として何かできないかと協議。
九十九島シャツの制作を企画し実施に向けて始動。佐世保市の支援を受け、させぼパール・シー株式会社と連携しながら完成をみる。